電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

不安感から万引きをし、精神鑑定を行った。執行猶予期間中であったが、医師からの意見を引き出したこともあり再度の執行猶予となった

  • cases88
  • 2016年12月27日更新
女性
  • 女性
  • 財産事件
  • ■犯罪行為 窃盗
  • ■罪名 窃盗
  • ■解決結果 執行猶予

事件発生の経緯

万引きの事案。
Aさんは精神的に不安定であり、不安感から万引きをしてしまった。
またAさんは執行猶予期間中であった。

ご相談~解決の流れ

刑事裁判において、精神鑑定を行い、責任能力を争いました。

また、あわせて情状事情についても鑑定を行い、刑事施設に入るべきか社会内で更生すべきかについて医師に意見を求めました。

結果として執行猶予期間中にもかかわらず、再度の執行猶予という結果となりました。

解決のポイント

精神鑑定を積極的に行い、医師より社会内処遇が相当との意見を引き出したことが解決のポイントと考えています。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

ページ
トップへ