電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

覚せい剤使用で逮捕されたが、反省していることや再使用しないことを訴え、執行猶予となった

  • cases93
  • 2017年03月23日更新
男性
  • 男性
  • 薬物事件
  • ■犯罪行為 覚せい剤・大麻
  • ■罪名 覚せい剤取締法違反
  • ■解決結果 懲役1.5年 執行猶予3年

事件発生の経緯

仕事や彼女と別れたストレスから覚せい剤を購入、使用し逮捕された。

ご相談~解決の流れ

依頼を受けて直ちに接見、今後の手続きの流れや見通しをお話し、安心してもらいました。本人も大変反省していること、今後は二度としないとの決意をダルク(薬物依存症からの回復を目的としたリハビリ施設)の見学などで示したこと、家族の協力などもあり、高校生のころからの常習であったにもかかわらず、執行猶予となりました。

解決のポイント

覚せい剤使用事件の初犯では、今後どのように再度の使用を阻止するかを真剣に考え、裁判官に訴えることが、ご自身を守るためにとても有効な手段だと思います。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

ページ
トップへ