電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

DVをでっち上げられ面会交流を拒否された夫が、面会交流を獲得した事例

  • cases101
  • 2016年12月27日更新
男性
  • 20代
  • 男性
  • 会社員
  • 離婚
  • 調停
  • 面会交流
  • 請求された

ご相談に至った経緯

Bさんが子どもを連れ、別居を開始。Aさんは、Bさんに対し、子どもに合わせてほしいと頼んだが、Bさんは、AさんがBさんや子どもに対し暴力をふるったと主張して、面会を拒否。

ご相談内容

配偶者との離婚、子どもとの面会交流の実現

ベリーベストの対応とその結果

Bさんが離婚調停を申し立てたため、当方は、面会交流調停を申し立て。Bさんは、AさんのDVを理由に、面会交流に応じられないと主張した。Aさんに事実の真偽を確認したところ、暴力をふるったことはなく、Bさんが離婚調停を有利に進めるため、AさんのDVをでっち上げるとの計画を、AB共通の友人(Cさん)に話していたことを確認。Cさんに話を聞いたところ、確かに、Bさんが、DVをでっち上げると話していたことが確認できた。そこで、当方は、Bさんが主張するDVの内容について、不自然な箇所を指摘するとともに、Cさんの陳述書を作成し、裁判所に提出。裁判所は、当方の主張とAさんの調停席上における態度を見て、DVがないのではないかとの心証を抱き、試行的に面会交流を行うこととした。試行的面会交流は、滞りなく行われ、終始ほほえましい状況であった。

当方及び裁判所の説得の結果、離婚後、面会交流を行うことを確約させ、2つの調停が成立。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

ページ
トップへ