電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

慰謝料ではなく、謝罪を獲得した事例

  • cases133
  • 2017年10月31日更新
男性
  • 50代
  • 男性
  • 自営業
  • 不倫
  • 訴訟
  • その他
  • 請求をした
  • ■配偶者の年齢・職業 50代 [無職]
  • ■婚姻期間 20年以上

ご相談に至った経緯

依頼者(夫)は妻の不貞行為による離婚の已む無きに至りましたが、妻からは不貞行為に対する謝罪は一切なく、この点が納得できないので何とかできないかと考え、当事務所へ相談にいらっしゃいました。

ご相談内容

依頼者としては、妻は無職であり、慰謝料を取ることは現実的ではないので、謝罪をしてほしいというご希望でした。しかし、調停及び訴訟において、謝罪を強制できるものではないこと、仮に判決となれば謝罪文言は載らないこと、一方で金銭的解決の代わりに謝罪を要求する和解であれば提案してみる価値は十分にあることを丁寧に説明しました。これを受けて、依頼者は、妻が謝罪するという内容の和解を第一希望するが、もし無理であれば判決を取得し、「妻の不貞があった」という事実認定を持って自分の心の支えにするので、訴訟提起を希望されました。

ベリーベストの対応とその結果

依頼を受けてすぐに訴訟提起しました。そして、第3回期日に金銭は要求しない代わりに謝罪を要求する和解案を提案しました。その結果、被告(妻側)もこれを受け入れ、具体的な不貞行為の内容に謝罪文言の入った和解をすることが出来ました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

ページ
トップへ