電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

不貞慰謝料を退けた件

  • cases150
  • 2017年11月15日更新
女性
  • 50代
  • 女性
  • 会社員
  • 不倫
  • 交渉
  • 慰謝料請求
  • 請求をされた
  • 請求金額150万円
  •  
  • 最終金額 0円

ご相談に至った経緯

相談者(女性)は、相手方の夫と不貞関係にあった。ただし、10年以上前の話であり、相手方が相談者と夫との間の不貞行為を知ったのも、平成22年のことだった(相手方からの内容証明郵便や、証拠として送られてきた診療内科の診断書に、相手方が不貞行為を知った年が明記されていた)。不貞行為の相手方であったはずの、相手方夫からも何故か相談者に謝罪を求める手紙が大量に送られてきて、相談者は謝ったが、要求はどんどんエスカレートしてきた。無言電話も何百回もかかってきた。
最終的に、相手方代理人から、150万円の慰謝料を求める内容証明郵便を受領したため、弊所に相談に来た。

ご相談内容

150万円を少しでも減らしたい。50万円位になればいいと考えている。職場での不貞行為で、相手方の夫は既に定年退職しているが、職場には知られたくない。

ベリーベストの対応とその結果

・相手方代理人に対しては、既に不法行為の消滅時効にかかっているとの反論書面を出した。その上で、解決金として30万円支払う、と申し出た。・相手方代理人と3か月ほど交渉を続けたが、相手方も精神的に病んでいる方だったので、150万円でないと納得しない、とのこと。最終的に、相手方代理人は辞任するに至った。
・その後、再度、相手方から相談者に無言電話がにかかってくるようになったので、当職から相手方に対し、
 ①相手方の請求権は時効にて消滅している
 ②これ以上の連絡は脅迫罪・恐喝罪・めいわく防止条例違反になる可能性がある
 ③職場への連絡は名誉毀損罪になる可能性がある
 との内容証明を送った。
・その後も、無言電話がかかってきたので、再度もう少し強い文言の内容証明郵便を送付したところ、無言電話はストップした。

その後、4か月間、相手方からの接触はなかった。
相談者に、債務不存在確認訴訟というものもあると案内したが、このまま放置したいとのことで、事件終了となった。

解決のポイント

時効が成立しており、相手方が訴訟を提起してきても、退けることができるため、強気に出ることができた。最終的に、相手方には金銭を支払うことなく、事件を終了させることができた。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

ページ
トップへ