電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

症状固定後の通院が重視され、異議申立てにより併合14級の認定を受けた事例

  • CASE69
  • 2020年04月24日更新
女性
  • 60代
  • 女性
  • 主婦
  • 異議申立
  • ■後遺障害等級併合14級
  • ■傷病名頚部痛、腰部痛
  • 保険会社提示額101万4915円
  •  
  • 最終示談金額352万5734円

ご相談に至った経緯

被害車両が信号待ちで停止していたところ、加害車両に追突されたもの。

ご相談内容

相手方保険会社から5か月で治療費の支払いを打ち切られたため、Aさんは健康保険で通院を継続していましたが、症状がなかなか改善しないため、後遺障害の申請等も含めて今後どうすれば分からないということでご相談をお受けしました。

ベリーベストの対応とその結果

ご相談を受けた時点では整形外科の通院実績がやや乏しかったため、健康保険で3か月ほど整形外科に通っていただき、通院実績を積んだ上で後遺障害申請を行ったのですが、非該当という結果でした。もっとも、Aさんは弁護士のアドバイスにより、症状固定後も従前とさほど変わらないペースで通院を継続されていましたので、症状固定後の通院実績・症状の一貫性等を立証するため、病院のカルテを添付して異議申立てをしたところ、症状固定日以降も通院を継続している事実及び直近においても症状が消失することなく残存している事実が認められ、頚部痛・腰部痛につきそれぞれ14級9号、結論として併合14級の後遺障害等級認定を受けることができました。
その後、併合14級を前提に相手方保険会社と示談交渉を進め、相手方保険会社の治療費打切り後症状固定日までの治療費・通院交通費等についても損害として認定させ、その他慰謝料・休業損害・逸失利益を含めほぼ裁判基準で解決することができました。
14級9号の認定については見通しが立てづらいところがありますので、本件のように、少なくとも症状固定から後遺障害等級認定を受けるまでの間は、念のためさほどペースを落とさずに通院を継続されるのが良いのではないかと思います。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ