電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

交通事故問題を
立川の弁護士に相談

  • 交通事故解決実績4,774
  • 交通事故相談実績48,619
  • 2018年11月現在

あなたは今、どのような状況ですか

弁護士に相談・依頼するメリット

弁護士に全てを任せられる!

お早めにご相談ください

交通事故に遭うと大きなケガをしたり、精神的なショックを受けたり、様々な被害を受けます。この他にも苦労される方が多いのが相手方保険会社との交渉です。
事故の被害者となると、相手方保険会社から保険金が支払われます。ただ、保険会社は自社の金を出すことをしぶり、できるだけ金額を抑えようとしてきます。特に、こちらにも一定の過失があるような場合、その点をつくなどして金額を抑えようとすることがあります。保険会社の担当者は、数々の交渉をこなしています。事故や保険に関する知識の薄い人が対抗しようとしても、なかなか太刀打ちできません。
そういった時に頼りになるのが、弁護士です。弁護士も日々ご相談を受け、交渉を行っています。過去の判例やこれまでの経験を生かして交渉を進めます。心と体の傷以外に、負担を抱える必要はありません。弁護士がお客様に代わって対応します。

慰謝料の増額

慰謝料の増額

交通事故の慰謝料は、保険会社の提示したものに応じなければならないものではありません。対応次第で減額も増額もありえます。
慰謝料の算定には以下の3つの基準があり、どれを用いるかによって金額は大きく変わります。

自賠責保険基準・・・
・・・運転者の加入が義務付けられている自賠責保険に基づく
任意保険基準・・・
・・・任意で加入している保険の社内基準に基づく
裁判所基準・・・
・・・過去の判例に基づき定められた基準に基づく

それぞれの金額は、通常、「裁判所>任意保険>自賠責」となっています。相手方保険会社が提示してくる慰謝料は任意保険基準に基づくものです。一方で、弁護士が用いるのは最も高額な裁判所基準です。
保険会社から提示された金額は、確定的なものではありません。弁護士が交渉をすれば、増額できる可能性があります。お客様に一定の過失がある場合、加入されている保険会社が代わりに交渉をしてくれることもありますが、適切な保険金を受け取るためには、訴訟を代理することもできる弁護士に依頼することが良い結果になることが多いです。

後遺障害等級認定のサポート

お早めにご相談ください

交通事故でケガを負うと、治療を続けても治らず症状が固定し、障害が残ってしまうことがあります。その場合には、事故に対する傷害慰謝料だけでなく、後遺障害に対する慰謝料を受け取ることができます。後遺障害により働けなくなったり、仕事が限られてしまったりした分の補償(逸失利益)も入るため、しっかりと受け取る必要があります。
この慰謝料を受け取るためには、後遺障害等級の獲得が必要となります。ですが、一筋縄ではいきません。審査が厳しく、望む等級を得られないことや、そもそも後遺障害と認定されないこともあります。納得できる等級認定を受けるためには、十分な証拠を集め、不備なく手続きを行う必要があります。
手続きは事故の相手方の保険会社が代行してくれることがあります。面倒な手間が省けるように思えますが、書類の不備や不十分な証拠で、障害に見合わない等級になるおそれがあります。弁護士であれば、お客様の味方としての立場から、準備を行うため安心です。

東京都・立川で交通事故問題の弁護士依頼をご検討中の方へ

東京・立川で交通事故に遭われた方は、ベリーベスト法律事務所 立川オフィスにご相談ください。
交通事故は、老若男女問わず誰でも巻き込まれる可能性のある、とても身近なトラブルです。自動車の運転中はもちろん、横断歩道を渡っているときや、信号待ちをしているときなど、昼夜問わず発生します。立川市内では平成29年に約720件もの交通事故が発生し、残念ながら亡くなられた方もいらっしゃいます。(※)
では、もし自分は家族が事故にあってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?
※出典元:警視庁「区市町村別交通人身事故発生状況(平成29年中)」(PDF:83KB)

まずはケガを確認し、救急車を呼ぶなどしましょう。事故の程度に関わらず、必ず警察を呼び、記録を取ってもらってください。その場で相手方との話し合い、解決しようとすると、後々体に痛みがでてきたり、交渉で揉めたりしたときに困ることがあります。そして事故の相手方や自分の保険会社にも連絡をしましょう。
事故では体のケガや精神的ショックを受けるため、相手方の保険会社から慰謝料が支払われます。お金を受け取ることができれば、治療や生活には助かりますが、実はこれがトラブルの芽でもあるのです。
相手方の保険会社は、お金をあまり払いたくありません。払えば払うほど経営に悪く影響するからです。そのため、慰謝料額を低く抑えようと交渉してきます。相手方保険会社の提示から、「思っていたより慰謝料が少ない」と思われても、初めての事故では知識も経験もなく、その金額が妥当かどうか判断することは困難です。
保険会社から「同じようなケースではこの金額でした」「これ以上は難しいでしょう」などと言われ、受け入れてしまっていませんか?弁護士に依頼すれば増額できるかもしれません。

保険会社が慰謝料を計算する際に使っているのが、それぞれの会社で定められた独自の基準です。一方で、弁護士が基準とするのは、過去の裁判例となります。過去の裁判例を基準とすると、保険会社の提示額より高くなることがほとんどで、判例という裏付けがあるため無理な金額ではありません。ベリーベスト法律事務所には「交通事故・慰謝料無料診断サービス」があります。慰謝料に疑問を持ったら、すぐに電話またはメールにてご連絡ください。金額が適正かどうか、法律のプロである弁護士が判断します。

保険会社との交渉はストレスになりやすく、ケガの治療や疲れから、保険会社の言いなりになってしまいたくなるかもしれません。弁護士であれば、そういった面倒な保険会社との交渉を代わりに行うことができます。また障害が残ってしまった場合には、後遺障害等級認定の手続きもサポートも可能です。
当事務所では、交通事故に関する初回の法律相談が60分無料となっています。着手金も無料です。弁護士費用については比較的リーズナブルで、お客様のご加入の保険に「弁護士費用特約」が付いている場合には、その特約の内容に従い、最大300万円まで保証されることもあり、お客様からの弁護士費用のご負担なく済むこともあります。

事務所内には交通事故専門チームがあり、交通事故に詳しい弁護士が揃っています。豊富な知識と経験を有しているほか、常に勉強をして知識のブラッシュアップをしています。当事務所がこれまで全国で受けた交通事故のご相談は約3万5000件。多くのお客様からご支持をいただいてきました。

立川オフィスの弁護士はどのような案件に対しても、お客様のお力になれるよう真摯に向き合っています。事故のショックや治療のつらさ、相手方への不満など、遠慮せずにお話ください。お気持ちをしっかりと受け止め、全力で対応します。サポートは事故直後から可能で、ご家族の事故に関してもご相談をお受けします。
交通事故に関するトラブルは、一人で抱えているのは精神的にも体力的にも大変です。立川市内や近隣市で交通事故にあわれた方は、すぐに当事務所までご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

ページ
トップへ