電話でのご相談予約はこちら

0120-70-7000

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

B型肝炎訴訟を
立川の弁護士に相談

clip
無料 最短60秒で診断 B型肝炎給付金診断

Q1生年月日は?

Q2

Q3

Q4

Q5

弁護士によるB型肝炎訴訟で国から給付金が支払われる理由

弁護士によるB型肝炎訴訟で国から給付金が支払われる理由

B型肝炎訴訟とは、国が実施した集団予防接種やツベルクリン反応検査によりB型肝炎ウイルスに感染してしまった人々が、国を相手に行う訴訟のことです。訴訟における国とのやりとりにより、国から給付金を受け取ることができます。
B型肝炎ウイルスは感染すると慢性肝炎や肝硬変、肝がんなどを引き起こすこともある恐ろしいウイルスです。血液や体液を介して感染し、母子感染も起こります。
日本ではかつて集団予防接種が行われていました。予防接種においては清潔な環境や未使用の器具を使うことが必須ですが、当時は管理がずさんで注射器の使い回しが常態化していました。そのため昭和23年7月1日〜63年1月27日に行われた注射により、多くの児童がB型肝炎ウイルスに感染してしまいました。約40年もの間、きちんと対策が行われなかったため被害は拡大しました。接種を受けた方々は全く非がないにも関わらず、病気に苦しまなければならなくなったのです。
そこで被害者が立ち上がり、国に対して集団訴訟を起こしました。長い法廷闘争の後、平成23年に国が責任を認め、翌24年に「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行され、ようやく給付金という救済が行われるようになったのです。
B型肝炎により精神的にも身体的にも辛い思いをしてきた方々にとっては、B型肝炎訴訟は名誉を取り戻し、補償を受け取るための大切な手段なのです。

給付金が貰える条件

豊富な解決実績

相談実績
93,488
提訴実績
10,385
2018年10月現在

立川でB型肝炎訴訟の解決実績が豊富な弁護士をお探しの方へ

※2012年から2017年で、相談件数実績が約637倍に増加しております。

B型肝炎は、弁護士に医学知識が必要とされる、特殊な分野です。
ベリーベストでは、肝臓専門医療機関と連携し、解決実績が豊富な弁護士がB型肝炎専門チームを組んでカルテ等の証拠収集のサポートなど、お客様にご負担をおかけしないサポート体制が整っています。

今酒 雄一


ベリーベスト法律事務所
B型肝炎チーム リーダー
弁護士 今酒 雄一
(東京弁護士会)

東京都・立川でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

東京都・立川でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

B型肝炎の給付金を受け取るためには、必ず訴訟が必要になります。残念ながら、国が対象者を見つけて支給してくれるものではないのです。
B型肝炎ウイルスの感染者の中には、集団予防接種を原因としていない方もいらっしゃいます。そのため自分が給付金の対象であるということは、裁判によって自ら証明しなければなりません。治療中の方や仕事をされている方の中には対象者と知っていても訴訟・給付金の申請をしていない方がいらっしゃいます。また、そもそも給付金の制度を知らないという方も多いです。そのため集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染者は約40万人とされている中、実際に裁判を行ったのは5万人にとどまっています。(※)
給付金は病気の状況により50万円〜3600万円支給されます。病気の治療費や生活費、精神的な被害の補償のためには受け取るべきお金です。また訴訟を経て被害者であると認められることは、長年苦しんでこられた方にとって大きな意味もあります。ベリーベスト法律事務所は被害者の方々の名誉と生活のため、B型肝炎訴訟を全面的にサポートします。
当事務所にはB型肝炎訴訟を専門とするチームがあり、経験の豊富な弁護士が揃っております。できるだけお客様の負担にならないよう、裁判資料の作成、証拠の収集、裁判まで全てお手伝いします。お客様が裁判所に出向く必要もありません。まだ訴訟をされていない方は、早めに当事務所にご連絡ください。

費用

ご相談、調査費用、着手金は無料!

相談料+調査費用+着手金=0円 相談料+調査費用+着手金=0円

お客様にお支払いいただくのは弁護士費用だけ!

弁護士費用 = 給付金の13%+6万円 弁護士費用 = 給付金の13%+6万円

例)給付金が2500万円の場合

国からの給付金2,500万円-弁護士費用(325万円[13%]+6万円=計331万円)=お客様の受取2,169万円

※弁護士費用は給付金の「17%+6万円」を頂いておりますが、国から4%支給されますので、実質負担は「13%+6万円」となります。

東京都・立川でB型肝炎訴訟をお考えの方へ

東京・立川でB型肝炎訴訟をお考えの方は、ベリーベスト法律事務所 立川オフィスにご連絡ください。
集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染は、今では考えられないずさんな管理が引き起こした「悪夢」です。国はその責任を認めましたが、被害者の苦しみが消えるわけではありません。お金で全てを償うことはできませんが、B型肝炎訴訟をして給付金を受け取ることはけじめであり、一つの救済です。
給付金は無症候性キャリア(感染後20年以上)で50万円、慢性B型肝炎(発症後20年未満)で1250万円、死亡・肝がん・重度の肝硬変(発症後20年未満)では3600万円となっています。これまでの治療費や病気により働けなくなったことに対する生活費、精神的な賠償として必要なお金です。
B型肝炎訴訟では「対象期間に予防接種を受けた」「B型肝炎ウイルスに感染している」ということを証明し、給付金の対象者であるということを裁判所に認定してもらう必要があります。そのためには母子手帳など接種の記録がわかる資料や、医師の診断書が必要になります。母子手帳は古い資料のため、残っていない方も多く、見つからない場合は代替の証拠を探さなければなりません。被害者の中には病気との長い闘いで疲れていたり高齢であったりするため、こういった給付金を受けるための訴訟の準備自体を諦めている方もいらっしゃいます。
確かに証拠収集は手間もかかり、面倒です。ですが感染の責任は国にあります。これまでの苦労や今後の生活のためにも、補償はしっかりと受け取るべきです。ベリーベスト法律事務所であれば、証拠の収集から訴状の作成、実際の裁判まで全てをお客様に代わって行うことができます。お客様の負担をできるだけ軽減できるように努めます。
B型肝炎訴訟に関する法律相談は、相談料・調査費用ともに無料です。集団予防接種による感染の可能性がある方のほか、ご家族からのご相談も可能です。
立川オフィスの弁護士は、感染や病気で苦しまれてきたお客様のお気持ちにしっかりと寄り添います。これまでの闘病の大変さ、生活の苦労、感染に対するお気持ちなど、全てお聞かせください。そのうえで補償を受け取るために、誠心誠意取り組みます。
訴訟には時間がかかるというイメージをお持ちの方も多いですが、B型肝炎訴訟の場合、訴訟の提起から給付まで1年程度で終了することも多いです。当事務所にはB型肝炎訴訟を専門とするチームもありますので、証拠収集や裁判手続きなど、積みあげてきた経験を生かしたスピーディーな解決が可能です。
また、給付金の請求には期限があり、平成34年1月12日となっています。再延長される可能性はありますが、まずは現在の期限までに請求しましょう。
「対象者かどうかわからない」という方も当事務所が無料でお調べいたします。立川市内や近隣市でB型肝炎訴訟をお考えの方は、まずは当事務所までお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-70-7000

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

ページ
トップへ