電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

窃盗事件で現行犯逮捕されたものの、早期に示談交渉を行い、不起訴に。

  • cases569
  • 2020年01月07日更新
男性
  • 男性
  • 財産事件
  • ■犯罪行為 窃盗
  • ■罪名 窃盗
  • ■解決結果 不起訴処分

事件発生の経緯

Aさんは仕事のストレスから、出来心で他人の持ち物を盗んでしまい、それを見咎められて現行犯逮捕されてしまいました。

ご相談~解決の流れ

Aさんは反省しており、何とか示談をして前科がつかないようにして欲しいと、当事務所に相談しました。
弁護士は直ちに担当の警察官に連絡をし、Aさんが反省していることや示談をしたいことを被害者に伝えてもらいました。
幸い、被害者もこちらとの交渉に応じる意向を示したことから、示談の条件を交渉し、示談しました。
弁護士は、示談の結果について捜査機関に報告し、最終的には不起訴となりました。

解決のポイント

被害者との間で示談することで、不起訴となる可能性が高くなります。他方で、被害者は加害者と直接の交渉を拒否することが多いため、早期の示談締結により、不起訴を得るためにも、早い段階で弁護士に依頼する必要があります。
今回も、Aさんが事件後間もなく弁護士に依頼し、弁護士をとおして謝罪と示談の意思を伝えたことなど、Aさん側の対応が早かったことが、被害者の態度を硬化させない要因にもなったと思います。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ