電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

離婚時に未解決だった財産分与等の問題を解決した事例

  • cases113
  • 2017年03月09日更新
女性
  • 40代
  • 女性
  • 会社員
  • 離婚
  • 交渉
  • 慰謝料請求
  • 財産分与
  • 養育費
  • 請求した
  • ■婚姻期間 10年~15年

ご相談に至った経緯

5年前に協議離婚した夫婦で、離婚した当時、財産分与や慰謝料、養育費の終期(18歳までとしてあった)等については、夫の退職金が支払われるとき(離婚から約6年後)に決めるとの約束があったものの、夫が、退職後の再雇用によって収入が下がる見込みであることを理由にして、話し合いに応じてくれないという状況であった。

ご相談内容

退職金についての適正な財産分与を求めたいということと、大学への進学を望んでいる娘(当時中学2年生)の養育費の終期を、大学卒業までにするよう交渉してほしい。

ベリーベストの対応とその結果

協議離婚の際に当事者間で定めた期限まではまだ時間があったものの、早期に弁護士名での通知書を送付して交渉を開始し、夫に対して、夫名義のマンションの任意売却の手続きについて説明したり、退職金に関する財産分与の計算方法を説明する等して、財産分与の手続きを進め、養育費についても、収入の増減によってその時々で調停の手続きによって変更することも可能であるけれども、現時点で一定の金額を定めることにより、紛争を解決してそれぞれ安定した生活ができるというメリットを説明して説得し、慰謝料等も含めた財産分与と、20歳までの養育費の金額を合意した。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

立川オフィスの主なご相談エリア

立川市、国立市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区にお住まいの方

ページ
トップへ